同情するなら飯をクレ!!
ヤッチマイマシタ。

昨日のこと・・・





お客さんが来社して、本社で正式登録、スタッフさんとなった。
我社では、登録時にスタッフさんに合った1~2件のお仕事を紹介する。
これは営業の仕事。

今回、たまたまスタッフさんの希望がウチの部署の仕事だった。
が、営業は全員出払っていた・・・

案件を持って、登録担当の人とお話。


 登録担当 「今待機してる人がね、営業のお仕事探してるのね・・・
         (募集)緊急度高い案件ある?」

 ネイ 「ありますよ~、○○と××と、△△と・・・」


説明してみたが、
やはり自分のテリトリー外はパッと聞いただけじゃ把握しにくい。

そこで・・・


 ネイ 「じゃあ、私一緒に(お仕事紹介しに)入りましょうか?」

 営業担当 「あ、じゃあ柳さん入ってきて。」

 ネイ 「え?(:D)| ̄|_ 」


私は 「一緒に」 と言ったはずでは?
しかも、登録インタビューなんぞ、入った事ないですけどおおお!!

と、文句を言う間も与えられず、スタッフさんの待つ部屋に押し込まれる。


 登録担当 「今営業が全員外に出てしまっているので、
         アシスタントの柳がお仕事のご案内をします。」

 ネイ 「・・・アシスタントの柳です。 ヨロシクオネガイシマス。」


もーねー、こっからはアップアップ。
なんとかかんとか、5件ほどお仕事のご紹介が済み(多い!)、
場所と自給と仕事内容から、1件スタッフさんの目にとまったようだ。


 ネイ 「そろそろ営業の者も帰ってきている頃なので、
     こちらのお仕事の担当に電話を入れてみます。」


携帯電話で、営業のH氏の電話を鳴らす。







 トゥルルル~ トゥルルル~・・・ 「はい。」










 ( ̄Д ̄;














 「もしもし?」      






( ̄Д ̄;;










 プツッ。


さて、何が起きたかといいますと・・・
H氏、実はナオcと同じ苗字なんです。

おわかりいただけただろうか・・・

登録で汗って、早く営業担当のH氏を呼びたかったために、
テンパって電話したら、苗字しか見ていなくて・・・

ナオcに電話しちゃったと言うオチ Orz

一人で多分、赤面してたと思われる。
モノッソイ顔熱かったよぉ~ (oT◇T)o


この後は、無事営業のH氏に電話が繋がり、応援に来てもらったとさ。





と、まぁ、毎日必死に生きてます。



給料日まで・・・あと2日。

明日の昼飯を買った財布の残金・・・あと915円。 _| ̄|○





~お・ま・け~

   ゃまっち、昼飯食わせてくれてありがとー!!

   引き続き、飯食わせてくれる人、募集中です。 ( ̄д ̄ )ボソ
[PR]
by neinei1981 | 2007-02-21 21:18 | リアルで小言
<< キタヨ、キタヨ、キマシタヨ~。 最近ねぇ・・・ >>