カテゴリ:リアルで小言( 120 )
2010年 寅
明けましておめでとうございます!

e0060292_22404051.jpg


いやぁ~・・・
1年近くぶりの更新となってしまいました。

皆様お元気でしょうか?

2009年、お世話になった方々、
遊んでくれた方々、ありがとうございました。

そして、今年も
宜しくお願いしまーっす!!
[PR]
by neinei1981 | 2010-01-13 22:41 | リアルで小言
明けてだいぶたちましたが・・・
新年明けましてだいぶたちますが、おめでとうございます。

e0060292_20254466.jpg


2009年も、皆様にとって良い年でありますように☆

よろしくお願いしま~っす!
[PR]
by neinei1981 | 2009-01-18 20:28 | リアルで小言
小さな友情
通勤電車の中での話。

手を離しても鞄が中に浮くほどギュウギュウ詰め状態の中に、
小学4~5年ほどの小さな男の子が私の横に乗ってきた。

小さな隙間を利用して、携帯電話でフラッシュらしき
繰り返し動く画像を見ている少年。

「そんなに面白いものなのか」と横からコッソリ除いてみると、
のび〇君がドラ〇モンの頭を、斧で勝ち割るという、
なんとも過激な内容だった。

駅に着く直前のブレーキで、電車が揺れ、
人の波がバイオレンス少年を襲う。

「少年・・・つぶれてしまわないか?」と思っていた矢先、
口に純白のマスクをしたちょっとイケメンの大学生位の青年が
「大丈夫?」とバイオレンス少年に声をかけ、彼を手でガードしてあげた。

バイオレンス少年は「ありがとう」とお礼を言う。

私も、バイオレンス少年もマスク青年も、同じ駅で下り、
改札へ向かうエスカレーターへと人の波にのまれながら進む。

別れ際マスク青年はバイオレンス少年の肩をポンポンと叩き、
「じゃあな」と一言。

それに答えるように、バイオレンス少年はアイコンタクト。

満員電車の中で生まれた、小さな友情。

か弱い女性にも平気で体重をかけてくるデブなサラリーマンもいるような
このご時世だが・・・捨てたもんじゃ~ないねぇ~。
[PR]
by neinei1981 | 2008-10-07 21:35 | リアルで小言
たすぽ



作るのめんどいし・・・















金ためたいし・・・














今日で禁煙4日目。




















かなり限界に来ております   Orz
[PR]
by neinei1981 | 2008-07-03 23:01 | リアルで小言
衝撃の事実
出会いはペットショップ。

e0060292_16452515.jpg


ちっこくて、かわいかったね。

ホーランドロップイヤー。

血統賞のついた、耳垂れウサギの男の子。



名前は『半蔵』。



立派な男の子にそだったね。

元気で、たくましくて・・・

かまってもらえないと、フテ寝。

e0060292_16483271.jpg


ちょっとヤンチャすぎて、爪きりをなかなかさせてくれない半蔵君。



昨日ペットショップに連れていって、いつものように爪きりをお願いした。

若い女性の店員3人にかこまれて・・・

 店員A 「きゃーっ、かわいい~♪」

 店員B 「女の子ですか?」

  私   「いえ、男の子です。」

キャッキャ、キャッキャと騒ぎながら爪きりをしてくれて、
やっと終わった所で、店員Cの一言。




















 「この子、女の子ですよ。」




















え?(:D)| ̄|_
















女の子って・・・

たしかに、飼った時は「男の子」って店員さん言ってたのに・・・

3年以上男の子として育ってきたのに・・・

名前だって、『半蔵』って・・・



イ マ サ ラ カ イ ! ( ̄Д ̄;)



これは、かなりショックな出来事デス。 Orz
[PR]
by neinei1981 | 2008-05-05 17:00 | リアルで小言
なんだったんだろう・・・
皆様コンバンワ~☆ オヒサです。



前回のブログ、沢山のコメント、ありがとうございました!
おかげさまで、父も元気に会社へ復帰しました。
私もスッカリ元気です。 (* ̄ー ̄)v



さて、話変わりますが、最近私は携帯小説にハマッテおります。
しかも、こわ~い話系。

今読んでるのは、都市伝説的な、小話の詰まった小説です。

そんな私に今日、不思議な事がおきました。





会社の昼休み、弁当を買ってオフィスに帰るエレベーター。

私が一番に入り、部署のある5階を押す。
次に入ってきたのはスーツのおじさん。
その次が、白いスーツの女性。
最後がおばさん。

一番ボタン付近に近かった私は、
全員が入ったのを横目で確認し、「閉」を押す。

ランプのついている階は、3階、4階、5階、9階。

エレベーターが3階で止まり「開」を押し、スーツのおじさんが降りたのを確認し、「閉」を押す。

次に4階で止まり「開」を押し、誰かが降りるのを待ったが、
「あれ、誰も降りない?」と思い後ろを振り向くとそこには・・・




















おばさんしかいない。




















はっきり見なくても、自分の横を人が通ったら、横目でわかりますよね?

たしかに、白いスーツの女性を見たし、
3階ではスーツのおじさんしかおりなかった。

白いスーツの女性はどこへいったの? ( ̄Д ̄;





私は霊感ないし、
今まで一度もお化けとか見たことなかったんだけどな~。

アレって、18歳まで見なければ、一生見えないんじゃなかったっけ??

てか、最近のお化けって、白は白でもスーツなの!?



特に寒気とかはなかったんだけど、
あれはいったいなんだったんだろうか・・・



なんとも不思議な体験でした。
[PR]
by neinei1981 | 2008-04-24 20:35 | リアルで小言
回復
皆様コンバンワ!

心配をおかけして、本当に申し訳ございませんでした。
レスくれた皆様、ありがとうございました。



ウチの父ですが、やっと意識が戻り、機材がはずれ、
歩行もできるようになりました。

まぁ、目覚めてから数日間は、麻酔が効いていたせいか、
ぼけぇ~っとしていて、夢と現実の区別がついていませんでしたが、
今では意識もはっきりしています。

長い間、喉の奥にチューブを突っ込まれていたせいで、
唇があれていて、声も出にくい感じではありますが、
最近は暇をもてあましておるようです。

なにはともあれ、本当に良かった。



さて、私ですが、どうも先日から
左の胸の辺りが痛くてたまりませんでした。

父の事もあり、怖かったので、昨日病院に行ってきました。

 先生 「心臓付近だな・・・。」
 私 「(゚∇゚ ;)エッ!?」

血圧をとり、心音も聞いてもらい・・・

 先生 「心臓は異常ないねぇ。最近なにか心配事ある?」

2008年になり、支社長が変わり、セールスラインも変わり
、新人のアシスタント教育がありと、かなり大変になったのは事実。

つい先日、転職するか、今の会社に残るかをかけて、
入社試験を受けた。
できることなら、今の会社に残りたいという気持ちでいっぱいの中、
結果を待つ1週間の長い事長い事。

父が入院して、かなり心配だったし、
ぶっちゃけかなりのストレスはたまっていると思う。

 先生 「これはねぇ、精神的なものだね~。
      精神安定剤出しとくから、1日3回、ご飯の後飲んでね。」

軽く鬱病(ウツビョウ)ですか!?

小さい頃、一回だけ精神的に負担がかかって、
喉元が痛くなったことがあったが・・・
アレ以来、こんなこと無かったんだけどなぁ。

精神的にまいってるなんて自覚ないし、
自分では結構強いほうだと思っていただけに、
ちょっとショック。 (´・ω・`)

まぁ、内臓関係が悪くなくて、一安心です。

ってことで、誰かストレス解消に付き合って~♪w





~お・ま・け~

   入社試験の件ですが、無事合格しましたとさ。 ( ´艸`)
[PR]
by neinei1981 | 2008-02-24 22:46 | リアルで小言
医者の話を聞いてる方が、病気になりそうだ。
今回のブログは前回の続きです。
ちょっと長いので、暇な人だけ見てちょ。

まずコメントくれた皆、ありがとう!



父の手術は、2月7日の昼すぎに、無事終了しました。
予定時間より早く終わったと、お医者様もニコニコだったとか。
とりあえず、胸かっさばいた訳なので、しばらくは意識は無い。
異常が無ければ、次の日には個室に戻れるそうだ。


が、ほっと一息ついたのもつかの間。


本日の明け方4時過ぎに、母の携帯電話が鳴り、
父の具合が良くないとか・・・。

タクシーを呼び、病院へすっ飛んでいった。

早く検査を始めれば、何かあったときに早く対処できるということで、
私たちが病院に着く前に、カテーテル検査
(体内に小さなカメラを入れて、内部を見る検査)を開始。

まだ、寝ぼけた頭で個室に押し込まれ、
すわり心地の悪い椅子で転寝。

待つこと数時間。
父がフラフラと待合室に入ってきた・・・夢を見た。

気がつくと、来た時は真っ暗だったのに、外はもう明るい。


結果は、血管が痙攣してるとか。


口から人工呼吸器の管をつっこまれ、
体中にいろんな液体を流し込まれている父。
思わずマトリックスで最初にネオが、
現実世界で目覚めるシーンを思い出した。

身長180cm以上もある父が、なんだかションボリして見える。

見つめてると涙が出てきそうになるが、
心配性の母の前で、私が泣き崩れる訳にはいかない。


とりあえず、トイレでひと泣き。


近くのジョナサンで軽い朝食をとり、
連日病院通いしていた母を、今日は家に帰らせ、
私だけ残る事にした。

ただ、ぼーっと待っていると、
縁起でもないことを考えてしまい、冷たい涙がほほをつたう。


反抗期で、父親嫌いの時期が長かった私。
普段はおしゃべりな私だが、父をさけていた時期が長かったせいか、
今でもたまに、どう接していいか解らなくなる時がある。

小さい頃は、熱を出すたびに、父を呼んでいた私。

この年になると、父なんていてもいなくても変わらないと思ってた。

私にとって父が、「ものすごく大事な存在なんだ」
と思ったのは何年ぶりだろうか?

まだ、いくのは早い。
「せめて、私の結婚式や、子供見てからにしてくれ。」と祈る。


夕方近く、看護婦さんに呼ばれ、父が寝ているそばで、
先生から状況説明をされた。

回復に向かっていると。


先生 「いろんなもの(機械)がついてると、びっくりしちゃいますよね。」
私 「一昨年伯母がガンで無くなったのを見ているので、
   思ったほどひどくは感じないですね。」

とはいったものの、映画やドラマでしかお目にかかれないような状況に
自分の父がなっていると思うと、かなり胸が痛い。

麻酔で寝ているのに、うっすら意識があるのか、
たまに眉をしかめ、苦しそうな顔をする。

先生 「手、さわってあげてもいいですよ。
     あったかいですから。」

「冷たかったら、冗談になんねーだろ!」とか思いながら、
恐る恐る手にを握る。

流れ出した涙が止まらなかった。
多分、鼻水もたれてただろう。
が、そんなことお構いなしだ。

私は1時間以上そのまま硬直。
時々、力なく、手を握り返してくる父。


たしかに生きてる。


看護婦さんが父の耳元で
「お嬢さんきてくれてますよ~。頑張ってくださいね。」
と大きな声で言った。

周りに人がいなくなったのを確認し、
「つらい?くるしい?大丈夫、今はゆっくり休んでね。」と、
小声で話しかけてみる。
無意識の中で、ちょっとでも私の声が届いてくれていることを祈りながら。


このままそばにいたところで、何もしてあげられないので、
今日のところは私も家に帰ることにした。

私がうろたえてたら、母が心配するだけだから。
泣きたけりゃ、一人の時か、他人の前で泣けばいい。
気持ちを入れ替え、病院を後にする。


かなり疲れた一日だ。


今夜はゆっくり寝られると良いな。

そして、一日でも早く父をどやしてやりたい。
皆で笑いながら、「心配かけやがって、このクソオヤジ!」と。
[PR]
by neinei1981 | 2008-02-08 22:05 | リアルで小言
ご自愛ください
皆様こんばんわ☆
お元気ですか?

久々のブログ更新ですが、良い話ではありません。


先日父が入院しました。


心臓の血管に老廃物(プラーク)が付着し、
血のめぐりが悪くなっているとやら・・・

手術ってほどでもないのだが、血管がこれ以上狭まらないように、
ストローのような物を通すとかなんとか。
体への負担が最小限ですむそうだ。

しかし・・・だ。
父の血管はすでにストローのような物が通らないほど詰まっていたらしい。

ってことで、近々血管の手術をすることになった。

老廃物のこびりついた箇所をさけて血が流れるように、
人工的な血管をくっつける。
まあ、水道管工事みたいな感じかねぇ。


体内の病気って目に見えないからわかりづらい。
気がついたときには遅いなんてことも多々ある。

原因は暴飲、暴食、不摂生など・・・
日々の生活で回避できることも多い。

たまに羽目はずして息抜きも大事だけど、
皆自分の体は大事にしてねぇ~。 (´・ω・`)
[PR]
by neinei1981 | 2008-02-06 20:29 | リアルで小言
あけました☆
皆様、明けましておめでとうございます。



2007年、色々な事がありましたね~。

あんなことや・・・
e0060292_22103273.jpg


こんなこと・・・
e0060292_2214674.jpg


皆様、お世話になりました。



2008年も  私にとって(エ?  皆にとって、良い年になりますように☆

と、いう事で、今年もヨロシクお願いします♪
[PR]
by neinei1981 | 2008-01-04 22:14 | リアルで小言